金宦さん之墓

CIMG08456.jpg

CIMG083766.jpg


金宦さんとは文禄の役で、清正公に日本に連れて来られた被虜朝鮮人で、清正公の近侍となって目を掛けられた。 金宦は清正公が亡くなったときすぐに腹を切ろうとしたが、二人の子供から止められたうえ、子供達は刃物をすべてかくしてしまったので失敗に終わった。


しかし清正公の七回忌を迎えた元和三年(1617) 子供達が油断したすきに家に来た桶屋の銘(なた)を取って切腹して殉死した。


良甫鑑といい、200石を貰い、日本人を妻として2人の子供に恵まれたと伝えられている。

戒名 法圓日融居士

a:3149 t:1 y:0